特に重要性の高まる注文住宅サポート【めきめきときめき宅

一戸建ての種類

注文住宅が高い、そんなときには

一戸建てを手に入れることは、多くの人の夢なのではないでしょうか。値段が高くて簡単には手が出せないという方もいるかと思います。しかし、一戸建てにも種類があり、その中でも建売タイプの住宅は比較的安く一戸建てを購入することができます。建売住宅とは、売主が決めた仕様で建築された建物とそれに付随する土地を一緒に販売する形式の物になっています。注文住宅は一から建物の内装や外装を決めていきますが、建売住宅の場合、すでに内装も外装も決められた建物を購入します。注文住宅と比べると、数百万以上安くなることがあります。注文住宅の平均価格は3600万円ほどですので、それよりも数百万も安くなるのですから、値段こちらを重視の方は検討してもいいかもしれません。

建売住宅が安いのはその特徴に理由があった

さて、この建売住宅タイプの一戸建てがなぜ比較的安価で購入できるかというと、その特徴に理由があります。・安い土地に建てる建売住宅の売主は、なかなか売れない土地(例えば駅から遠い場所にある土地等)を購入することで、一般価格より安い土地を手に入れます。・まとめて建てることで材料費が安くなる住宅を建てるための材料は、同じ仕様の建物を建てることでまとめて仕入れることができます。そのため、業者が割り引いてくれたり、余分な材料を仕入れることがないため材料費を安くすることができます。もちろん建売住宅もメリットばかりではないかもしれません。施工過程がみられなかったり、外装や内装はすでに決まっているものなので、自由度は低くなっています。しかし、すこしでも安くなることで一戸建てを購入できるのならば、あきらめずにこういったものも検討することをお勧めします。